記事内に広告を含む場合があります

【真実】介護職はクズばかり?現場の職員が答えてみます

アイキャッチ画像・介護職はクズばかり

いや、ぼくも介護職の端くれなんですけど。

気にしちゃってるんです。

ぼくもクズなのかもね!

いーや

自分はクズなんかじゃない

その辺の言い訳です。

介護職はクズばかりではない

【真実】優しい模範的な職員の中にクズいます。

仕事を避けて時を過ごし、ほかの職員のやる気を削ぐ職員のことです

2:6:2の法則を使って見ていきます。

最初の2:現場の困難を解決できる模範的な職員

組織を積極的に動かす2割の職員です。

自分で考えて行動でき、指示も的確で人を育てることができる人。

ユーモアもあって利用者さんたちに「あぁこの人には長く勤めてほしい」と言われる職員です。

真ん中の:6:言われたことをやる優しいがトレードマークの職員

積極性はないけれど、指示を受けて行動できます。

ルールが分かれば予測が立ち同僚をフォローできます。

日々の生活支援に欠かせない職員です。

この人たちのおかげで現場は回っています。

利用者さんたちに「この人がいないと困る」と言われています。

最後の:2仕事しない職員

色々理由をつけて仕事をしません。

そのくせ自分が批判されることを恐れて周囲の職員や管理者を利用します。

利用者さんを利用して休憩したりしています。そしてその利用者さんの機嫌をも悪くさせます。

参考「2:6:2の法則」

説明はこの方がうまいのでどぞ

『2:6:2の法則とは』

お局とクズのちがい

お局はクズとはちがいます。

お局は業務に対する思いが強い人です。仕事は人の倍するケースもあります。

お局様は仕事に対するポリシーが強くて、自分の意見を人に押し付けるので嫌われることも多いですが、職場には欠かせない場合もあると思います。

一方

クズは仕事をしないでその場に居て、他の職員の足を引っ張っています。

クズ『ばかり』と言われてしまう理由

とにかく目立つ。

職場にいるのに仕事をしないので目立ちます。

そして周囲の足を引っ張る

そんな人が『2人』出た時・・・

『クズばかり』になる理由

クズが一人なら、ほっておけます。

あ、ここにもいたの・・・

2人目を見つけた時

とてもがっかりしますよ。

クズばかりになります。

真実・クズに頼らなくてはいけない場面

人手不足で慌ただしく動く現場

クズはじっと動かずそこに居ます。

楽な利用者さんというカテゴリーを駆使して現場に居ます。

クズの得意技、見守り

人の目で見てくれているだけで良いですよ。

もう、何もしなくても良い。

見守ってくれてありがとうございます。と周りの優しい職員はその人に声をかけている場面を見ます。

クズと言いすぎている自分もクズなのか?

今。

自分からクズの味がしてきました。

本人に直接言わず、文を書いています。

ぼくもクズカゴに足を踏み入れているかもしれません。

自分はクズではない

本物のクズは『自分もクズなのかも・・・』そんなこと微塵も考えません。

だからぼくはクズじゃない。

ふーよかった。クズじゃなくて。

そういえば

職場で仕事をしないでも給与が支給される現場がこの世にあるんですよ。