記事内に広告を含む場合があります

自分に合ったやりたいことを見つける方法:6つの効果的なアプローチ

自分に合ったやりたいことの見つけかた。6つのアプローチ

やりたいことがない。

でも探しています。

ずっと違和感の中で生きている。だからこんなにモヤモヤしている!

あぁそんな時に読むぅ

自分に合ったやりたいことを見つけるための「6つ」の方法

ぼくは人生の何かを変えたくてブログをやっています。とにかくやってみたら見つかるものがありますしおすし。

1.自分を探す

はてさて。どうやって?

社畜で『人のために』という意味をはき違えて自分を殺してきたので「自分を探せ」と言われても大変です。

全く方法がわからんのですが。

ひとつ目のアプローチ。

「自分自身の思考や感情を書きとめる

→自己理解を深めたり、ストレス解消やクリエイティブなアウトプットを促したりできる。

ひと言日記とか紙に書くだけでも良いそうです。

寝る時、トイレの個室、通勤時間。良いことも、そうでないことも。

自分のことを話すって・・・

思ったよりはかどります(笑)

夜はポエムになります。

試したこと

「Twitterで発信」

ちょっとしたひとりの時間「いまどうしてる?」と自分への質問の答をTwitterが記録してくれます。

ブログも「書き出す」作業ですが(へー。自分てこんな風に思ってたんだ~)と感じることがあります。(今)

モンモンとしないで、書いてみる感じが良さそうです。

続けると、モンモンとした霧が晴れて、自分の気持ちの正体が形になって現れてきます。

1年後。書き出した記録を読み返した時にどんな気持ちになるでしょう。

きっと新しい自分が読むんだろうな。

ポエムも。

2.趣味を探す

うん、コレも何だっけ。趣味か〜。って昔を振り返ったりします。

昔の荷物とか漁ってみようかしら。子どもの時にワクワクしたことを探してみましょうかね。

「趣味、娯楽、職場の仕事でも良いので見つけてみる」

→自分が興味を持っていることを試してみる

自分の心が好きなこと。気になること。

風呂に入っている時にでも考えてみます。

自分に聞いてみる。2分でも良いです。

子どものとき、一人で何に熱中した?

何が楽しかった?

意外にシンプルだったりして。

歩く趣味?

深呼吸という趣味?

寝る趣味。

試したこと

「絵を描くこと」

子どもの時に好きだったことを探してみました。=思い出してみました。

ひさしぶりに描いてみようかな。と思って100均でスケッチブック買いました。

やりたいことを見つける6つのアプローチ用の100均で買ったスケッチブック画像

そしてこんな絵を描いています↓

②そらいえ号イラスト集のアイキャッチ画像 【人気】イラスト集・ユーモアあふれる、おもしろ『そらいえ号シリーズ』オリジナルイラスト

3.自分のスキルを整理する

行きたくない会社に行き続けること。

これもスキルなのでは…!?

「自分のスキルをカテゴリー化」

→具体的には、持っている資格、言語能力、コミュニケーション能力、リーダーシップスキルなど、どんどん挙げる

なるほど〜。

仕事で取った資格とか。他には、困った上司の扱い方とか…。

めげずにコツコツ通勤している根性。

嫌でもがんばって続けることができるってことは好きなことならもっともっともっと続くよね!?

すごい人は、まとめたスキルを見やすく整理して、自己PRや履歴書に書いて面接などで活用しているそうです。ポートフォリオって言葉にあごがれますわ。

試したこと

ブログの運営は「自分のスキル」で!

資格は~介護福祉士と運転免許。

自分がどんな価値を提供できるか?

第二種免許を勉強して介護タクシーで独立。起業!?移動で困っている方のお手伝い。自分にも追える夢が出てきそうです。

よし、自分のスキルを書き出そう!明日から。え?

4.人に話す

近い人に話すことにストップかかる時もありますが、それだったらぼくの場合ブログとTwitterです。

他人からのアドバイスを聞く

そのために話す。自分自身が同意しない可能性があるアイデアまで得ることができる

自分のやりたいことを見つけるために、人からアドバイスを得る。

友人や家族、職場の同僚、AI?などからアドバイスを聞くことができます。

また、コーチやカウンセラーがいたら良さそうです。近い人からのアドバイスも役に立ちそう。

試したこと

家族の時間でモンモンと考えてました。それ、やめました。

家族の会話に自分の話を入れるようにしました。

今の気持ちを人に話すって大事。

「おれはラムネ味が好きだな~」とかテレビをみて言うとか。

5.新しい経験を増やす

散歩を始めるでも良いしいつもと違う道を行くこともありでした。ぼくの場合、ラグビー観戦です。

新しい趣味やスポーツ、アート、文化活動、書籍、オンラインセミナー、仕事、ボランティアなどを試してみる

これまでとは違う行動をとって、自分が何をしたいのか?何が自分にとって重要なのかを再発見できる

いったん、今の自分から離れることで自分自身を遠くから知ることになります。

好きなことを再確認できるかもしれません。

自分にどんな能力があるかを発見できるかもしれません。

試したこと

人生で初めて「球技場」なるものに行き、プロスポーツの試合を観戦しました。

思いきって異なる業界で働くことも自分にとって意義のある自分を見つけるために良い方法です。

そしたらドはまり!シャー!

6.自分の将来像を考える

自分の価値観や興味、強みを考えてきました。

理想のライフスタイルや仕事、家族について考えることもあって、健康面もイメージを膨らませるとめっちゃ幅が拡がります。

漠然とした不安に飲み込まれることもありそうです。

だから将来像は絶対に固定されたものではなく、迷ってもいいだろうし、変えてしまってもいいですよね。

モンモンした今の自分にとって将来像を持つことは、充実した人生を送るための重要なステップでしょうし。

どんな人生を送りたいのか?

ボーっと生きて終わるなんてもったいない。

誰かの役に立つ人になりたい。

それに向かって何をしたらよいのか。

試したこと

介護福祉士の仕事と運転の仕事を組み合わせて事業ができたら楽しそうだ。第二種免許の勉強を始めました。

来るべきチャンスの瞬間に怖気づかないためにも、今この瞬間、がんばる!がんばれー!

やりたいことを見つける時、いちばん最初にやったこと

時間を作る

自分に合ったやりたいことを見つけようとしている今の時間のことです。

5分でも可。

おわりに

あきらめないようにしよっと。すぐあきらめちゃうから。