記事内に広告を含む場合があります

JPEGとPNGどっちがいい

アイキャッチ画像JPEGとpngどっちがいい?

JPEGとPNG、どっちがいい!?

そらいえ
そらいえ

使い方が違うのでまとめました

JPEGは写真」グラデーション表現得意。軽い

PNGはイラスト、ロゴ」透過得意。ベタ塗り表現

これで隣の上司に聞かれても答えられますね!

JPEGに当てはまるとき

ジェイペグ

  • 軽い・低容量にしたい
  • 写真・高画質で画像を保存したい
  • 保存くり返しで劣化していく

JPEGのメモ

デジカメ、スマホの撮影画像に採用されています。

JPEGの弱点

保存をくり返すと画像が劣化していきます。

リサイズ・上書きをくり返すと画像がバリバリになっていくようです。

透明な部分が白くなります。透過が苦手。

JPEGは写真で使います

PNGに当てはまるとき

ピング

  • イラスト・ロゴに適している
  • 透過処理に対応している
  • 容量が大きくなる

PNGのメモ

webサイト、印刷物用の素材を作るときに使えます。webで使われるために生まれた。

PNGの弱点

グラデーションの表現が苦手。

高画質なため容量が大きくなります。(JPEGに比べると重い)

←このイラストはJPEG

まとめ|わかったこと

JPEGとPNGの使い分ける方向がわかりました

「.Jpeg」「.png」拡張子と呼ばれるそれ。

画像データの圧縮ファイル形式でデータを軽くする働きをしています。スマートだなぁ。

「JPEGは写真」で表現する時に使います。軽い。保存で劣化!

「PNGはイラスト、ロゴ」を表現する時に使います。透過できる・容量大きめ!

誰かに聞かれたらスマートに答えられるようにしたいですね。

その誰かというのはクセの強い上司のことです。

今、その上司が隣に席替えしてきて世間話をするので仕事が止まります。

JPEGとPNGの違いってなんなの?

と聞かれたら10秒で話が終われます。

「そういえば、自転車の空気入れなきゃ」タイヤの空気を入れるという意味です。